3DA7959B-DEA4-4711-ABE0-4102B326FBC7

犬の引き出しを増やす

こんにちは。

トレーナーの堤です。

皆さんがセミナーの講師として依頼を受けたとします。

1時間の講座のうち、30分は講義、残りの30分は質疑応答の時間です。

さて、30分間は準備した内容を話し無事に終了しました。

残りの30分間は質問に答えないといけません。

得意分野に関する質問だと落ち着いて答えることができるでしょう。

何度もされたことのある質問なら、質問者さんにもっと分かりやすく答えるスキルが身についてくるかもしれません。

つまり、「余裕」で答えることが出来ます。

では、予想外の質問だった場合はどうでしょう?

予想をしていないということは準備も出来ません。

答える為の引き出しがないのです。

あせる…

私なら「わぁぁぁ!答えが浮かんんでこないー!どうしようー!」と焦ります。

そして、準備不足だった自分を呪います(笑)

引き出しが少ないって「余裕」がないことなのです。

人は、準備不足を反省し、同じ失敗をしないように努力することができます。

でも、犬はシンプル。

余裕のない状態を経験したら、次に同じ状況になった時に真っ先に思い浮かぶのは「余裕がなくて焦った」という事実です。

そして犬は、自分で反省し、同じ失敗をしないように努力することができません。

未来を想像できないから。

だから、パピーのうちに「良質な」経験し、引き出しを沢山作ってあげることが大切なのです。

成犬になった時に、落ち着いて穏やかに過ごせるかどうかは引き出しの数が関係してきます。

(成犬になっても引き出しを作ることは可能です)

うちの子は怖がりで…

神経質だから…

これって、その子が生まれ持ったものでしょうか?

生まれ持った気質はもちろん関係してきますが、沢山の良質な経験をすることで回避できることはあるのではないでしょうか?

お留守番が多く、刺激や変化がない生活をしているパピーは、大切な時間を無駄に過ごしています。

飼い主さんに十分な時間があり、退屈させず「良質な」経験を積んでいるパピーはきっと「余裕」をもった成犬に育つでしょう。

でも、時間のない飼い主さんはどうしましょう?

堤の尊敬するあるトレーナーさんの言葉です。

「飼い主さんには出来るだけのことをしてあげたいけど、ひとつだけどうしても出来ないことがある。それは飼い主さんの時間を増やすこと」

誰にも時間を増やすことは出来ません。

飼い主さんに「時間がない」と言われてしまうと、どうすることも出来ないのです。

大切な大切なパピーの時期を有効に活用するにはどうすれば良いか?

幼稚園に通うもの一つの方法です。

早起きするのも方法です(笑)

今は、出張トレーニングのトレーナーさんが社会勉強として色んな場所で経験を積めるようなお預かりサービスをしてくれるところもあります。

質の良いホテルでのお泊まりも良い経験になるかもしれません。

(質の良いホテルとは、犬の事をきちんと理解しているスタッフがいるホテルです)

愛犬の将来のために必要なことは何か?を考えてみて下さい。

引き出しを沢山持った犬が増えますように…。

【引き出しを増やすべくお勉強に励む子達♪♪】

シェルティーのイヴちゃん。お兄ちゃんお姉ちゃんにまざってお勉強中ー。

お目目が落ちそうなピースくん(笑)大きな公園にプチ遠足に行きました。

渋いお顔も出来ます(笑)

お泊まり常連組♪♪もやはお泊まりのプロです(笑)

ショコラくんは石崎トレーナーの服の中が大好き(笑)

小さい三角と大きい三角(笑)

犬が苦手な連太郎くん。ちょっとずつ距離が近くなっています♪♪

やめんかいッ!と海くん(笑)こんなお顔ですが、面倒見の良いお兄ちゃんに成長しました♪♪

白いモコモコ組♪♪珍しくパピーに興味を示すHaru君です。

幼稚園、楽しいよ♪♪と宣伝効果抜群の3人さん(笑)

Deep.dogでは、犬達に質の良い経験をさせるお手伝いをしています。

幼稚園は「犬を治すことろ」ではありません。

犬は治さないといけない対象ではないからです。

元気過ぎて飼い主さんの手におえない、

繊細で慣れさせていく加減がわからない、

そんな子と飼い主さんを繋ぐ場所が「幼稚園」です。

犬の個性は本当に様々です。

愛犬との関係が上手く作れなかったら、一度ご相談下さい。

 

 

3DA7959B-DEA4-4711-ABE0-4102B326FBC7

既成事実を作った後は?

こんにちは。

トレーナーの堤です。

前回の記事の続きです。

犬の状態、周りの環境に合わせて既成事実を作った後はどうしましょうか?

吠えなかった経験を「習慣」にしていきます。

実はこれが一番大切な過程。

「犬は習慣を好む動物です」と、飼い主さんによくお話をします。

同じ時間にお散歩に行き、同じ時間にご飯を食べ、同じ時間に寝る。

この習慣が崩れると不安になったり、吠えて催促をするのはよくある話です。

これらは、飼い主さんが無意識で(飼い主さんのペースに合わせて)できた習慣ですよね?

意識をしていなくても、習慣は根付いてきます。

犬は習慣で行動をすることを、飼い主さんは気付いているはずです。

日頃の生活を思い起こしてみて下さい。

阿吽の呼吸で犬が動いてくれることはありませんか?

それが習慣です。

犬に吠えられて怖かった経験をした犬。

怖い場所と理解し、その場所を通る度に吠える「習慣」が出来てしまいました。

その後、吠えなかったという既成事実作ることに成功しました。

この一度の既成事実で犬の今後の行動は変わるでしょうか?

習慣とは?

長い間繰り返し行われていて、そうすることが決まりのようになっている事柄。

吠える「習慣」を吠えない「習慣」に変えていくには、繰り返し行うことが必要なのです。

ある日は吠えなかった。

でも次の日は吠えてしまった。

そんなことにもなるでしょう。

でも、吠えなかった事実が繰り返し行われることによって、吠えない習慣が出来ていくのです。

既成事実の後は「習慣」作りをしてあげましょう。

みんなで一緒に…

ふせ!

深夜のプレイルーム(笑)お泊まりの時は就寝前にプレイタイムと排泄タイムがあります。しっかり遊んで出すもの出して(笑)みんな朝までぐっすりZZZ

RUN♪♪RUN♪♪

大技繰り出し中(笑)

小さい子にもとっても優しいかえでちゃん♪♪

ラブ友達が出来て楽しそうです♪♪

トレーニングの見学をすることもトレーニング。

休園日の水曜日は堤家の犬達のロングお散歩日です。シャッターチャンスにブルブルしだす蘭丸(笑) パグです。フレブルではありません。

 

3DA7959B-DEA4-4711-ABE0-4102B326FBC7

今週の幼稚園の様子

こんにちは〜♪犬ちゃん癒し担当吉野です(´∀`)笑

今回は幼稚園の様子を紹介します〜☆★

今日はナナちゃん、シエルくん、ハッピーくんで元気いっぱいに遊びました(*´-`)

 

トイプードルのラッシュくんは…ここです。(笑)

気になるようでジッと見てます!笑

シエルくんもバテバテです(笑)心配そうに見守るナナちゃん♪

こちらは先日の様子、タンザちゃんとカエデちゃん♪

挨拶の仕方が可愛いすぎます(//∇//)「こんにちは〜♡」みたいな感じでしょうか…♪

皆きちんと石崎トレーナーを見ておやつもきちんと待てます♡お利口さんです(*´꒳`*)

吉野の今週のイチオシです〜♡笑

特に大型犬が好きな吉野にはたまりませんッ!!

左から虎太朗くん、カエデちゃん、モモちゃんです(//∇//)今週のスマホ待ち受け画面決定です。笑。

 

Deep.dogでは幼稚園の犬ちゃんの体験入園を受け付けてます。

幼稚園の様子が分からない、ウチの子は犬が嫌いだから…人馴れしてなくて…などなど、まずは、体験入園から始めてみませんか?

お気軽にお問い合わせ下さい。

では、吉野でした(*´-`)引き続き犬ちゃんの撫で方やマッサージのツボなどこれからも紹介していきたいと思ってます♪♪

吉野

3DA7959B-DEA4-4711-ABE0-4102B326FBC7

既成事実から学ぶ。

こんにちは。

トレーナーの堤です。

人と犬は、学習の過程が異なります。

人は、

言葉で教わったことを頭で理解し、記憶することが出来ます。

そして、その記憶を必要な時に頭の引き出しから出して活用することが出来ます。

実際に遭遇したことがない状況でも、前もって「ここは危険」とか「あそこは楽しいところ」と聞いていれば、「想像」することができますよね?

人は感情を想像できます。

では、犬は?

長期的な記憶が得意ではない犬は、その場その場の出来事を「直観的」に理解し、それまでの経験から行動を起こします。

言葉を理解することが出来ないので、実際の「経験」から学習するのです。

「お散歩中に庭で放されている犬に吠えられて怖かった」

という経験をした「子供」がいたとします。

お母さんは「大丈夫。あの犬は外には出てこないから、次からは怖がらなくてもいいのよ」と説明します。

子供は「お母さんがそういうのだから大丈夫なのかもしれない」と思い、同じ道を歩く勇気が出ます。

同じ経験をした「犬」がいたとします。

犬は、その場その場で起こった事実を直観的に理解します。

「怖い」思いをしたので、吠えられた場所は「怖い場所」と理解しています。

そして、言葉がわかりません。

未来の感情を想像することも出来ません。

ということは、

この犬に「あの場所は怖くない」と感じてもらう為には、怖くなかったという「既成事実」が必要なのです。

犬のやめてもらいたい行動を正していくには、どうやって既成事実を作っていくかが第一歩なのです。

「犬に吠えられて怖かった」場合、その場所に少しでも近付き、冷静でいられるような場面(環境)を設定することがとても大切です。

言葉で何度「大丈夫」と伝えても無駄です。

犬には説得は通用しません。

来客に対して吠える場合、「吠えなかった」という既成事実が必要。

ご飯の催促をする場合、「催促しなくてもご飯が食べれた」という既成事実が必要。

爪切りで噛んでしまう場合、「噛まなかった(でも痛くなかった)」という既成事実が必要。

犬を犬として理解してあげることが、犬にとって一番幸せな接し方です。

既成事実とは?

「既に起こってしまっていて、事実として認めるべき事柄」

犬は、事実を事実と素直に認め、シンプルに理解しているのですね。

体験入園に来てくれたつばさちゃん。今週から幼稚園生の仲間入りです♪♪

椅子の上でのんびりお迎え待ち中ー。ヘアースタイルを変えてみました(笑)

お泊りに来てくれていた、BIGパピー!ジャイアントシュナウザーのバルトくん。まだ6か月!

ジャイアントシュナウザーとパグと一緒にお散歩出来る機会なんてなかなかないので、ウキウキでお散歩に出かけました♪♪

一応みんなの輪の中に入ってます(笑)

お散歩準備中の英子ちゃん。ニコニコ♪♪

仲良しのななちゃんと海くん♪♪

トイプードル親子のユキちゃんとトムくん。みんなと一緒にお散歩です♪♪

ある日の堤家。

堤のご飯中。

仏様のような顔でこちらを見ていました(笑)

 

3DA7959B-DEA4-4711-ABE0-4102B326FBC7

要求吠えが増える理由

こんにちは。

トレーナーの堤です。

要求吠えについて。

先日、ある飼い主さんとお話しをしていて、日本語って難しいなぁ~と実感しました。

半月ほど幼稚園をお休みしていたパピーちゃんです。

久しぶりに会うと「最近、要求吠えが多くなってきた」とのこと。

お母さんは要求吠えに応えてはいけないということは分かっています。

お母さんが用事をする為に部屋を出ると吠え始めるそうです。

吠えているからと部屋に戻れば「吠えたからお母さんは戻ってきた」と学習します。

何度も言いますが、「お母さんは要求に応えてはいけない」と思っています。

なので、吠えているけど用事を済ませてから部屋に戻っている。

なのに、要求吠えが増えてきた。

お分かりでしょうか?

お母さんは、吠えている時に用事を中断して戻ることはしていませんが、用事が済めば吠えていても戻っていたのです。

これ、犬目線で考えてみると「吠えたからお母さんは戻ってきた」ですよね?

犬には「用事が終わっている」「中断して来てくれた」などは関係ありません。

すごくシンプルに「吠えたから」と学習しているのです。

犬と人は、どうしても「学習過程」が異なります。

犬が何を感じどう学習していくかを知ることって大切ですね。

さて、5/19(日曜日)は、

魅力的な飼い主さんになる為の3ヶ月集中講座とお散歩会でした。

午前中のワークショップ。

真ん中のスペースを空けて何をしたかというと…。

宿題のお披露目♪♪

前回のワークショップの時からお家で練習してきたことをお披露目してもらいました。

なぜ、お披露目をするのか?というと、

①飼い主さんの緊張は犬に伝わる事を実感してもらうため
②場所が変わると出来なくなってしまう犬の習性を理解してもらうため
③人がやっていることを客観的に見ることで、大きなヒントが得られるため
④周りに興味をそそる物がある中で、犬の気持ちを自分に向けれるようになってほしいから。

などの理由から、まずはお披露目タイム♪♪

思った通りにできた!と満足の飼い主さんもいましたね。

こんなはずじゃ…と落ち込んでしまった飼い主さんもいたかもしれません。

お披露目タイムで感じたことを練習に活かして下さいね♪♪

午後からはお待ちかねのお散歩会です♪♪

ルルちゃん。お母さんのことを良くみて楽しそうに歩いていました♪♪

琥珀くん。今回はお父さんも一緒に歩けて良かったねー♪♪

チャイくん。今回も元気いっぱいのチャイチャイでした♪♪

ククちゃん。お転婆ククちゃんはお散歩もお転婆(笑)

ももちゃん。午前中のお披露目もばっちり!急成長中♪♪

カミューちゃん。常にお父さんお母さんを見上げながら頑張って歩きました♪♪

シエルくん。お散歩会はお母さんも一緒で良かったねー♪♪

マールちゃん。先頭を歩きたい女子認定(笑)

吉之助くん。こちらも成長中ー。お母さんととっても良いペアになってきました♪♪

タンザちゃん。寄り道大好きタンザちゃん(笑)

海くん。今回も枯草を沢山身にまとっていました。短足犬の宿命(笑)

運動神経抜群、スタイル抜群のななおちゃんはどこでも余裕で歩きます♪♪

一番ちっちゃなぷりんちゃんも休憩しながら頑張りました♪♪

むったくん。こちらは元祖先頭歩きたい男子(笑)

予想に反して晴れ間もあり暑かったので、木陰を選んでのお散歩でした。

階段や坂道を歩くことは、心身ともに良い刺激になりますね♪♪

バラが綺麗な広場で記念撮影♪♪

バラはほとんど写っていません(笑)

どんな場所にいても、お母さんを見上ることができる犬は幸せな犬です♪♪

3ヶ月集中講座はラスト1回です。

最終回も楽しみましょう♪♪

おまけ

暇を見つけてはこんなことばっかりしている短足組(笑)

 

3DA7959B-DEA4-4711-ABE0-4102B326FBC7

ほぐすマッサージ

こんにちは(*´-`)吉野です♪

今日は簡単に行えるマッサージの仕方などをお教えします☆★

マッサージには色々な撫で方があるのですが、今回は犬ちゃんの凝りをほぐし血液循環を促進し、体内の老廃物などの排出を手助ける、≪ほぐす≫マッサージの仕方を紹介します(^^)

骨の上あたりを目安に皮膚上に人差し指と中指で円を描くように優しく手を回していきます♪

前回紹介した、胸や胴回りにしてあげるのも犬ちゃんはリラックスできます◎また背中や肩あたりも犬ちゃんがリラックスできるツボがたくさんありますので、是非やってみてあげて下さい♪

 

胸や肩あたりはこの辺りの骨に沿って円を描くようにマッサージしてあげてください🍀大和くんもこんなに気持ち良さそうにしてくれました✨

このほぐす手法は特に難しくなく、簡単にできると思います(^ ^)が、分からないことや気になることなどがあればなんでも気軽に相談して下さいね♪

・              吉野🐤

3DA7959B-DEA4-4711-ABE0-4102B326FBC7

犬ちゃんへのマッサージ

こんにちは♪吉野です!

今日は自宅で簡単にできるマッサージやツボなどお教えします^ ^

緊張や不安を抱える犬ちゃん、怖がりや神経質な犬ちゃん、シニアの犬ちゃんなどに効果的なのが、犬ちゃんの胸、胴回りへのマッサージです♪この辺りには犬ちゃんが安心して落ち着けるようなツボがたくさんあります♪

胸や胴回りへのマッサージとして、犬ちゃんを横向きまたは仰向けに寝かせてあげます。胸の片側から手のひら全体を使いゆっくりとした円を描くようにほぐしてあげます♪お腹の部分はデリケートな場所なので優しく軽く円を描くようにがポイントです◎

マッサージは犬ちゃんをリラックスさせること以外にも飼い主さんと絆を深めることや、病気などの早期発見などにも役に立ちます^^是非やってみてあげて下さい★

登園していたかえでちゃん、はなちゃんとはこんなに仲良くなれました♪

3DA7959B-DEA4-4711-ABE0-4102B326FBC7

パピーに必要なこと

こんにちは。

トレーナーの堤です。

沢山の犬達がお泊りに来てくれたゴールデンウイークが終わり、通常通りの幼稚園に戻っています。

偶然か?必然か?

は、分かりませんが、ゴールデンウイーク明けからパピーのお問合せが増えています。

幼稚園に登園しているパピー達は何を学びに来ていると思いますか?

飼い主さんは、

お座りは出来るようになりました。など、お家で練習していることなどをお話ししてくれたり、

ご飯の時に待てないんです…といった、お悩みを教えてくれます。

でも、パピーに必要なことは、お座りをすることでも、ご飯の時にお行儀よく待つことでもないんです。

①人の声に耳を傾けれるようになること
②考えて行動する習慣を身につけること
③「引く」という心を持つこと
④人との正しい関わりを持てるようになること
⑤犬との正しい関わりを持てるようになること

この5つが身についている犬は、何歳になってもお座りや、ご飯が出てくるまでお行儀よく待つことも覚えることができます。

(この5つを身につける為に、お座りを教えたり、ご飯の時の待てを教えることもあります。大事なのは何の為に教えているかを人が理解することです)

そして、成犬になった時に安定した生活を送れるでしょう。

「心」を育てていくことがパピーに必要なしつけです。

そして、大切なのは、

「方法」は一つではないということ。

○○という問題には▲▲というのが答え。

という、方程式はしつけには存在しません。

本に書いてあったから、知人に聞いたからという方法を試してうまくいかなかった例は山ほどあります。

そらそうですよね?

犬も違うし、それをやっている人も違うのですから。

犬の心を置き去りにしたやり方だとしたら、上手くいかなくて当たり前です。

犬には合っていたとしても、そのやり方の意味を飼い主さんが理解し「やり切れているか?」で、結果は変わってきます。

例えば、パピーのお悩みのトップ3に入る「甘噛み」

巷ではまだびっくりするような方法はささやかれています。

マズルを掴む、指やこぶしを喉に突っ込むなど、私は絶対にやりやくないことです。

もしかしたら、このやり方で甘噛みが無くなるかもしれません。

でも、その時に犬の心は何を感じるでしょう?

そんなことをする飼い主さんを信頼できるでしょうか?

気の強い犬なら「次は苦しい思いをしないで済むように、もっと早く噛みにいこう!」とやる気が出てしまうかもしれません。

「手」自体に恐怖を覚え、撫でられることさえ怖がってしまうかもしれません。

ハッピーな犬なら、そして飼い主さんが中途半端に口に手を突っ込んでしまったら、

「噛むとママは楽しそうだ♪♪」と、スーパーポジティブな学習をするかもしれません(笑)

大切なのは、その方法で犬が何を感じ学習したか?です。

甘噛みって「遊ぼう♪♪」という、犬のポジティブな気持ちの表れです。

もちろんやめさせなければいけないことですが、ポジティブな感情を示してくれている犬に「苦しい」思いは必要でしょうか?

「ママはそんな遊びはしたくないの」と穏やかに伝え、他の遊びを提供してあげることが信頼を得る接し方だと思いませんか?

そして、パピーはとにかく元気です。

日中はお留守番のお家が多いですね。

予防接種がまだだからお散歩には行っていない、朝から夕方までは一人でお留守番のパピー。

飼い主さんが帰ってきたら、フルパワーでお迎えします。

一日中充電をしているのですから当然ですよね。

そんなパピーを見て、

「この子は落ち着きがない」

と、よく聞く言葉です。

パピーのエネルギーを発散させるって、本当に本当に大切なことなんです。

エネルギーがパンパンに詰まっている状態で、落ち着いて行動しなさいは無理なんです。

溜まったエネルギーをどうにか発散しようと、パピーはあの手この手で飼い主を困らせます(笑)

そして、家の中では落ち着かず、外に出ると怖くて固まる(怖くて吠える)成犬に育っていくのです…。

内弁慶な子という表現をしたりしますが、きっとその子は生まれた時から内弁慶な訳ではないはずです。

お家に迎えられてからの経験によって学習し、人には内弁慶に見える行動が習慣になっているのです。

ご縁があって迎えたパピーの今後が、ハッピーなものになるかどうかは飼い主さん次第です。

心を育てる大切な時期のお困り事は、Deep,dogにご相談下さいね♪♪

パピーを迎えたら幼稚園に通う事が当たり前になれば、悩める飼い主さんはいなくなり、ハッピーな犬が増えるのにな…と思う堤なのでした。

【最近の幼稚園】

GWにお泊まり、その後体験入園に来てくれたボーダーコリーのらうちゃん。ザ・パピーです(笑) 上手にお散歩出来たね♪♪

お泊まり常連さんのティアラちゃんと、2回目のお泊まりで少しドキドキのクムクムくん。ティアラちゃんは複数のお散歩に慣れているので、クムクムくんに合わせて上手に歩いてくれます。振り向き美人♪♪

スタッフ吉野の上に避難しているのは、シェルティーのイヴちゃん。少し怖がりさんですが、人を頼る気持ちはばっちりです(笑) 大切なパピー時期に良質な経験を積ませてあげたいですね♪♪

柴パピーのそらくん。プレイルームでウトウト…。
シャッター音で目覚めてしまいました。お手手隠してたのね(笑)

かりんちゃん。爪切り中ー。顔(笑)

初お泊まりのマールちゃんと、幼稚園生のショコラくん。マーちゃん、ショコラくんとも上手に歩けたねー♪♪

「あーそーぼーよぉー!」とシエルくん(笑)
いつもより高く上がっております(笑)

お泊まりモモちゃん。幼稚園がお休みの水曜日、公園までお散歩に行きました。お花が似合いますね♪♪

先日のブログでご紹介させていただきましたが、今月より新しいスタッフが加わっております♪♪

アロマを使うドッグセラピーのセラピストの吉野です。愛犬はダルメシアンのアリスちゃん。

長年、ペットシッターとしてお仕事をしていました。

「犬を他人に預ける」ということに厳しい堤が、唯一安心して愛犬達のシッターをお願い出来たのが彼女です。

今後、マッサージのワークショップなども企画していますので、愛犬を癒してあげたい飼い主さんは要チェックです♪♪

日程などの詳細は、このブログやSNSでお知らせします。

お楽しみに♪♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3DA7959B-DEA4-4711-ABE0-4102B326FBC7

はじめまして

はじめまして、こんにちは!

今日からDeep.dogで働くことになった、動物が大好きな吉野です♪

以前ペットシッターのお仕事を長年やっていた為たくさんのわんちゃんと楽しい時間を過ごしてきました。わんちゃんに毎日楽しくストレスなく過ごしてもらうことを目標にしています☆

また、アロマを使うドッグセラピーのマッサージの資格も取得し、わんちゃんにとってストレスなく癒しになれるようにサポートしていきたいと思っています♪

また動物看護士の資格もありますので、自分の知識や経験を飼い主さん、わんちゃん共に活かせるよう務めたいと思っていますので何でもお気軽にお声かけください♪

愛犬のアリスです♪

これからよろしくお願いいたします(^-^)

吉野

3DA7959B-DEA4-4711-ABE0-4102B326FBC7

犬と旅行

こんにちは。

トレーナーの堤です。

ゴールデンウィークですね♪♪

ホテルの子が沢山来てくれる10連休、堤は犬達と戯れて過ごします(笑)

Deep,dogのホテルでは、飼い主さんが安心してお出掛け出来るように、お預かり中の様子を毎日LINEでご報告しています。

ホテルに預けるのが初めて、今までに預けた所では滞在中の様子が分からずに不安だった、ホテルから帰ってきたら体調を壊したことがある…など、ホテル滞在が心配な飼い主さんも多いと思います。

そんな飼い主さんには、ホテル本番前の無料お預かりをおすすめしています。

「初めての場所でも怖いことはなかった」
「初めて会った人が優しくしてくれた」
「美味しいおやつが食べれた」

そして何より、

「お母さんが迎えに来てくれた♪♪」

という経験の後のお泊まりは、犬のストレスはグンと減ります。

飼い主さんに安心して頂く為に、普段の様子や苦手なこと、好きなことなどをお聞きしてからのお預かりになります。

旅行に行きたいけどどうしよう…とお悩みの飼い主さんは、一度ご相談下さい♪♪

ホテルご予約、お問合せ↓↓↓

犬の幼稚園Deep.dog
078-587-3766(10:00~18:00)
水曜祝日は休園日です。

ホテルは無休ですが、幼稚園の休園日には電話に出れない場合がございますのでご注意下さい。

さて、愛犬をホテルに預けて旅行にいくもの楽しいですが、ここ数年は犬と一緒に入れる施設やホテルが沢山出来ていますね。

この連休も愛犬と一緒にお出掛けしている方が多いのではないでしょうか?

犬と一緒に出掛ける時のマナーや、愛犬に対する配慮は出来ていますか?

先日、ペットと泊まれるお宿のオーナーさんとお話しをする機会があったのですが、残念ながら困った飼い主さんは一定数いるようです。

今日は排泄について。

ドッグランでの排泄物を放置する、芝生にしてしまったおしっこにお水をかけない、公共の室内で排泄をさせるなど、これらは飼い主さんが気をつけていれば回避できることですね。

ドッグランに行った時に、あちこちに排泄(マーキング)をすることが分かっていれば、しばらくはリードをつけたまま管理をするべきです。

マーキングが不安の表れだとしたら、その犬には大きな負担がかかっています。犬の為にもドッグランを出るべきです。

犬と一緒に食事が出来るお宿も沢山ありますが、その場に犬を連れて行き、排泄をさせてしまうなんてもってのほか。

でも、この犬の行動って、犬にとっては自然なことです。

初めて行った場所を散策して匂いをつけることも、どう振る舞えば良いのか分からずに自分を落ち着かせる為に沢山マーキングをするのも自然な行動です。

普段のお散歩がマーキング目的のお散歩になっているとしたら、習慣通りに行動しているだけですね。

それを管理するのは、飼い主の仕事であり、周りの人に対するマナーです。

この連休に犬連れ旅行に行かれる方は、マナーを守り、愛犬への配慮を忘れずに旅行を楽しんで下さいね♪♪

【楽しく過ごす幼稚園の様子♪♪】

円陣を組む(笑)

ラブラドールの善くん、初登園!じいさんですが(笑)若い子に馴染んで楽しそう♪♪

イナバウワーかな?(笑)

ちんまり♪♪ 豆柴のそらくんもこの日は初登園♪♪

ラブラドールのかえでちゃんともちちゃん。 かえでちゃんは、犬が得意ではないもちちゃんの近くにそっと近付き「あたしは嫌なことしないよ♪♪」と見事なボディランゲージでもちちゃんを安心させてくれました♪♪

おかげでみんなでパシャリと集合写真♪♪

お泊まりのももちゃんはニコニコお散歩♪♪

ポンタくんもご機嫌でお散歩です♪♪

目つき(笑)

楽しくお勉強中のロッキーくん、かりんちゃん、はるちゃん♪♪

【お知らせ】

7月のお休みのお知らせです。

7/10(水曜日)~7/14(日曜日)は幼稚園・ホテル共に休園となります。

7/15(月曜日)は祝日ですが登園可能です。

ご迷惑をおかけしますが、ご予定のご確認をよろしくお願いします。